当山ひとみ(Penny)さんのこと by 監督(KEIBOW)
20代前半、ぼくは当山ひとみという歌手のファンだった。沖縄生まれアメリカ育ちのソウルフルな素晴らしい歌声の彼女のライブに通い、ファンレターまで出した事もあった。今でも時々CDを出して来ては聴いている。(LPは残念ながら聴けない)

そのファンレターには「ぼくもヒットメーカーを目指しています。いつか当山さんにぼくの曲を歌ってもらいたいと思い,頑張っています」と書いたことを覚えている。そしてカセットにぼくの作った曲を入れて送ったら、なんと返事をいただき、「とてもいい曲ですね。今は契約があるので無理ですけど、いつかペニーに素敵なバラードをプレゼントしてくださいね」と書かれていた。

それから、ぼくは歌ものをあまり作らなくなり、ほとんどがインストのCMソング。そして30代になって音楽もやめ、月日が流れた。

今回の映画は、久しぶりに音楽を作ってみようと思った。そもそも音楽を始めたきっかけは、自分が作った映像には自分で音楽をいれてみたかったから。意を決して久々に歌もの(映画の主題歌のバラード)を作ってみた。娘が気に入ってくれて、とてもいい詞を書いてくれた。

そして歌ってくれる歌手がいないかと探していたら、たまたま20数年来の友人の坂本裕介くん(作曲家 Key of lifeリーダー)が、講師をしている専門学校で当山さんも歌を教えているということで、ぼくの事を話して、頼んでくれた。また、アニメソングなどで大活躍の坂本君も、素敵なアレンジをしてくれた。

自主映画でノーギャラだから無理だろうと思っていたのだが、ところがどっこい、ひとみさんは二つ返事で受けてくれたのだ。

20数年前、彼女に歌って欲しくて、一所懸命に曲を書いていた。その後、音楽をあきらめ、しばらくは楽器さえも触らない時期もあった。そして、久々に映画用に曲を書く事にした。すると突然、遠い昔の夢が、目の前に現れたのだ。神様は、ぼくにもう一度音楽を作れと言ってくれているのかもしれない。

また映画を作りはじめて、ほんとうによかったと思っている。
【カテゴリー 「あの夏の樹」のページ】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP
Comment
年男の外科医です。俺も20年以上前、渋谷eggmanまでPENNYさんを聴きに通ってました。監督とお会いしていたかもしれませんね。eggmanの帰り道、誰となく“言い出しかねて”を口ずさみ、いつの間にか見ず知らずのお客さん同士が渋谷駅までの坂を下りながら全員で合唱していたという事が昨日のように思い出されます。今回の主題歌もとても美しい曲ですね。PENNYさんのファンとしては正直ホッとしています。監督ならこの気持ちを理解して頂ける事でしょう。綺麗な詞を書いて下さった娘さんはおいくつですか?きっとお父様の音楽センスの良さを引き継がれているのでしょう。次回作も期待しています。
sunazuri0317, 2006/01/15 11:36 PM
メッセージ、ありがとうございます。
ほんと、会っていたかもしれませんね。
先日、Pennyさんの恵比寿でのライブに久々に行ってきました。
昔からのファンがいっぱい集まっていて、同窓会のような雰囲気の中
あの頃のゴキゲンなナンバーでサイコーに素敵な時間を過ごすことが
できてハッピーでした。
次回作でもPennyさんが歌ってくださるということです。
頑張っていい曲、書かなきゃ!
KEIBOW, 2006/01/16 9:41 PM
私も四半世紀前に、広島で学生やってた時にペニーさんのアルバムに出会い一気にファンになりました。

4/4に高田馬場でのライブに行く予定。

実はここ数年忙しすぎて、身体を壊してしまったのですが、つい最近PENNYさんの公式ブログを知り、元気をもらっているところです。
k2uchihiraでGoogleしてもらえれば、私のブログにもヒットすると思います。

活動頑張ってください。
k2uchihira, 2010/03/26 4:30 AM









Trackback
URL : http://www.babachop.com/trackback/17124